さようなら脇の黒ずみ

脇の黒ずみとはさよならして、脇のキレイな女子を目指せ!

脇の完璧な処理は、現代女性の基本です。
脇の処理が甘いと、ノースリーブが着れないなどオシャレが制限されたり、彼との大切な夜に恥ずかしい思いをしてしまいます。もちろんオシャレや美容に敏感な女性からも冷たい目線を向けられてしまうでしょう。

 

現代ではもう脇に無頓着ではいられません。キレイで完璧な脇を目指しましょう。

 

女子

 

多くの女性の悩みとして脇の黒ずみがあげられます。
黒ずみは、メラニン色素の沈着や老廃物の蓄積が主な原因ですが、どちらも間違った脇毛の脱毛処理が大きく関わっています。

 

カミソリで自己処理している場合、剃り残しを気にする余り、何度も何度も肌にカミソリを滑らせたり、化粧水やクリームできちんとアフターケアを行わなければ、色素沈着を起こす原因になってしまいます。

 

特に夏の間は、肌を露出する機会が多いため、毎日のようにカミソリを肌に当てますが、その度に肌に負担がかかってしまいます。毛抜きでの脱毛処理は特に毛穴を炎症させる原因になってしまいますので、あまりオススメではありません。

 

何度も何度も間違った自己処理で脇を黒ずみを進行させ得てしまうのであれば、今はかなり低価格で脇の脱毛ができるため、エステやクリニックでの脱毛をオススメします。
クリニックではアフターケアだけではなく、脇の美白も行う事ができます。

 

さらに自己処理の方法だけではなく、1年中制汗剤をつけていることも脇の毛穴を詰まらせ、老廃物を排出する力が弱めてしまいます。特に最近の制汗剤は24時間〜48時間も効果が持続するものが高いため、きちんと洗い落とさなければ肌に残留して肌荒れの原因になってしまいます。

 

汗を拭き取ったり、汗脇パットだけを使うなど、制汗剤に頼らない日を作ったり、日頃から有酸素運動などを行って、汗をかく習慣を作ることで汗の嫌な匂いを防止することができます。

 

肌のターンオーバーを促進させることで老廃物を排出して黒ずみを防止します。
加えて、日頃から化粧水などをつけて保湿すると効果が高まります。

 

特に脇の黒ずみ対策には保湿クリームなどを使うことをオススメします。保湿ケアすることにより、角質も柔らかくなり肌のターンオーバーが働きやすくなるのです。
なかなか黒ずみが治らないと悩んでいるなら、保湿することを第一に心がけましょう。脇の黒ずみを改善させるおすすめの保湿クリームはこちら⇒http://xn--w8j0a1hpc74ah683c.net/

 

自己処理による脱毛を避けて、保湿ケアをマメに行うことで黒ずみは解消されていくでしょう。
毎日の黒ずみケアを怠らず、すてきな脇美人を目指しましょう。

 

脇が黒ずんでいると見た目に美しくありませんよね。
美容に関心のある女性なら放っておけないのではないでしょうか?

 

服の袖が短くなる時期はちょっとした隙に脇が見えてしまったりという事もあります。それを恋人に見られて幻滅されるなんて事もありうる話です。

 

ここでは化粧水を使って脇の黒ずみを抑える方法を見ていきましょう。

 

体と顔のケアの方法は違う

 

肌のケアをしている女性は多いと思います。
しかし、肌の構造は基本的にどの部分でも同じという事を知っていますか?
基礎化粧品で顔のケアしている人はたくさんいると思いますが、この方法は体のどの肌にも応用できるのです。

 

とはいっても、部分によって皮膚の厚さが異なりますから、それに合わせた基礎化粧品が販売されています。ですからケアをする部分によって基礎化粧品は変えた方が好ましいです。

 

例えば、手は皮膚が厚くできているので強めの薬を使ってもかまいませんが、顔などは皮膚が薄く、敏感にできているので刺激の強い薬などを使用することは厳禁です。
要は、ハンドクリームを顔に塗るのは良くないですが、顔専用に販売されている基礎化粧品などは手につけても問題ないということです。

 

 

脇の黒ずみを抑えるには

 

脇の黒ずみをケアするのは皮膚の薄い顔をケアする場合と基本的に変わりません。脇の黒ずみは、まず保湿ケアと外部からの刺激に対する保護することです。

 

洗顔後、化粧水や乳液を使用して保湿しますよね。つまり、脇も同様で、化粧水や美容液を塗って、その後は乳液を使って保湿することた大切なのです。

 

ムダ毛処理も化粧水を使う

 

脇の肌は薄く、ムダ毛の自己処理するとダメージが残る場合があります。
ですから、脱毛後は脇の肌をしっかり保湿してやる必要があります。

 

化粧水を使う事なく保湿クリームを塗っただけでは思うような結果が得られないという事になりかねません。化粧水を使用する事のメリットして肌に潤いを与える事と、肌のキメを整えて栄養を補給すること。

 

保湿や栄養が与えられた脇の肌は、黒ずみの回復を早めることができるのです。
化粧水や保湿液を使えば脇の黒ずみに効果が期待できますから、毎日のケアを怠らずにより美しい脇の女性になりましょう。

 

ノースリーブが着たいのに、ワキが黒ずんでいて恥ずかしくて着られないということがあります。そもそも黒ずみはどうして出来てしまうのでしょうか。

 

考えられる一番の原因は、ワキのムダ毛の自己処理によるものです。
抜く、剃るといった自己処理を繰り返していくと、その都度ワキの皮膚や毛穴を傷つけてしまいます。

 

傷つくと皮膚というのは自己防衛のためにメラニンを過剰に分泌します。
メラニンが生成されることで肌は黒ずみ、また角質が厚くなることで透明感のあった肌がくすんでしまいます。

 

ムダ毛が生えてきた10代の頃から自己処理を繰り返していくと、長い時間をかけてワキは黒く色素沈着してしまいます。またこの自己処理した後のお肌は刺激により乾燥しています。

 

よく汗をかく部位ですから乾燥しているようには見えませんが、皮膚の内部が乾燥していることがあります。そういう状況では更に外的な刺激から守れないことで角質が厚くなっていきます。

 

あまりにもひどい黒ずみの場合は、皮膚科クリニックのレーザー治療が有効です。
クリニックに行くのは恥ずかしいという場合には、自分でも黒ずみを改善する方法があります。
一番はまずお肌を傷つける自己処理を止めることです。

 

ワキの自己処理をする時には、除毛クリームなど皮膚や毛穴を痛めない方法を選び、日頃からしっかりと水分を補ってあげることです。この場合も、ワキの永久脱毛をしてしまえばこれ以上お肌を傷つけることはありませんから、一番ワキには優しい方法ですね。

 

黒ずんでいるからといって入浴中にごしごし洗うのは逆効果です。
黒ずみは汚れではなくて、角質層が厚くなってメラニンを排出できないことが原因ですから、ワキのターンオーバーを早めるようなお手入れをすることが大切です。

 

市販品では黒ずみを改善するための美白成分配合のクリームもありますので、そういったクリームを併用していくこともお勧めです。
詳しくはコチラの記事を参考に:脇の黒ずみとはさよならして、脇のキレイな女子を目指せ!

 

長年の自己処理で黒ずんでしまったワキはそんな簡単に元には戻りません。
肌を痛める自己処理をやめて、根気よくお手入れを続けていくことが黒ずんだワキの解決には大切です。

 

 

 

脇毛を処理すると、そのまま脇の部分にかいた汗を、服などで感じやすくなってしまうそうです。そのために、汗の量が増えたように感じるというのは、嘘ではなかったようです。

 

私は、脇毛がモサモサと生えている方が、脇が蒸れてしまって、汗が出るのだと思っていました。間違った考えを持ったまま、脇に生えている多くの毛を、脱毛クリームを塗りたくることによって、溶かして脱毛したのです。

 

脇毛の処理の仕方は、カミソリなどで剃っても良かったとは思います。
脱毛クリームに頼った理由は、カミソリで剃ると、毛のチクチクとした感触が残ると聞いたからです。

 

脇にしばらくの間、チクチク感があると思うと、痒くなりそうだし遠慮しておきたいと思ったのです。脱毛クリームで脇毛を溶かして、見た目をスッキリとさせたまでは、良かったと思います。

 

綺麗になって、脇毛のモサモサをなくすことができたのです。しかし、脇毛を処理した後、スースーとした感じは、中々慣れませんでした。
そうした違和感も、時期が経つにつれて、自然と落ち着いてきましたが、今度は汗が気になりだしました。

 

脇の部分が服と直接触れるからでしょうか、汗がじっとりと服に染みてしまうのです。脇毛を処理すると、毛によるクッションもなくなってしまうため、どうやら服に、脇汗がダイレクトに染み渡ってしまうのです。

 

脇汗の量も、なんだか気になり始めました。脇がスッキリしてしまったせいで、脇の部分が気になったことが原因でしょうか。
脇毛による汗を抑えるクッションの役割や、汗を気にならなくすることは、結構重要なものなんだと、脇毛を処理してから初めて気がついたのです。

 

脇毛を剃ってから、今までと違うことに違和感を抱えてきましたが、脇毛がまた生えてくるにつれて、違和感もなくなっていったのです。

 

今までは邪魔だと思っていた、脇の部分の毛ですが、なくなって初めて役割に気づきました。
これからは、むやみに処理はしないようにします。

 

 

脇の黒ずみというテーマは、ひとごとではありません。
私自身がこれで長年悩んでいるからです。

 

私の脇が汚くなってしまった原因は、ムダ毛が生えてきたころに自己流で処理していたからです。その方法は、ピンセットで毛を抜いてそのあとのケアをしないという、かなり雑なものでした。

 

このころは今のようないい脱毛器はなかったし、あってもお小遣いでは買えません。
親にねだるのもはずかしいですし・・。お年頃の女子の体のケアですから。

 

ピンセットでムダ毛を抜き始めたときは、毛根から抜けるので次に生えてくるまでの時間が稼げると思って、目が疲れて大変でしたががんばってました。

 

でもこのようなことをすると、毛穴が開いてしまいます。
これが黒ずみの原因のひとつです。

 

さらにそこから汚れが入ることも多く、私もこれで脇の毛穴が炎症を起こしてしまって、とても痛い思いをしました。そこまでいかなくても、ピンセットで皮膚をちょっと傷つけてしまうことはよくあり、そのほんのちょっとの傷も黒ずみのもとです。

 

考えてみると、あのころの女子の同級生はどのようにケアをしていたのか・・、私ほど雑なことをしていた子は少ないと思いますけど・・。

 

今度友達に会ったら聞いてみようかなと思います(どう話題を切り出せばいいのかわかりませんが・・。こういう話題を自然な流れでするのは簡単ではないです)。

 

今の子供たちは、脱毛器で抜いているのでしょうか。
今の脱毛器はとても高性能でお肌のケアもしてくれるようなので、このようなものが使えるのなら使って処理すればムダ毛の悩みはなくなります。
けれどどこの家にもあるというものではないので、ない家の子はやっぱり大変だと思います。

 

今、脱毛サロンで永久脱毛をしてもらいつつ、黒ずみのお手入れもしてもらおうか、または脱毛器を使って自宅でケアしようか考えています。

 

金銭的には脱毛器のほうがいいかなと思いつつ、より確実なのはどちらだろうと、いろいろ口コミを見ながら考えています。